踊ろうベリーダンス!! bellydance@滋賀と京都伏見
はじめまして! 滋賀と京都伏見でベリーダンス講師をしています。 ベリーダンスの話や大好きな旅行の話など、ゆるゆると綴っていきたいと思います。
またまた朝活^0^
5月のレッスンスケジュールはこちらです。
6月のレッスンスケジュールはこちらです。


先週の朝ヨガに続いて、昨日の朝はまたまたお誘いいただき、バレエレッスンに行ってきました
レッスンはとても難しかった。。。けれど、それ以前に朝に弱い私は、まず頭と体をシャキッッ とするところから、訓練が必要ダナ・・・
バレエは過去に数回したことがある程度。 しかも、最後にレッスン受けたのはかれこれ1年以上前・・・なので、本当に何も分からないのですが、山ほど疑問がありました。おそらくマニアックな疑問
聞きたいことはたくさんあったけれど、常連さまに交じってなので、かなり遠慮してしまった(笑)


で、昨日の自分のレッスンを振り返る。
昼も夜も質問してくれて嬉しかったです
最初のころは「分からないことだらけ、、」 は当たり前なので、とりあえず見様見真似でいいと思うのと同時に、出来ないことに焦点が行きすぎないようにするのがいいのでは と思います。
はじめてレッスンに来た人で、「他の人は何年してるのですか」 と質問する方がいらっしゃいますが、前から来てる人に年数では追いつけないし、人と比べても意味がないと思います。 それよりも、自分が少しずつでも出来るようになる方向に意識を向ける方がポジティブで健康的 (心がね) な気がします。

お料理教室でも、はじめて包丁持った人が 「私、お料理出来ない・・・」 って落ち込んだり、英会話教室でもはじめてABC習った人が 「外国人と会話できない・・・」 って思わないですよね。 「お料理できるようになりたい」、「外国人と会話できるようになりたい」 と思って、参加するんだもん。

踊りも一緒
人がどうのこうのではなく、 「踊れるようになりたい」 という自分の目標に向かって練習して、そして一つずつ自分自身の課題をクリアしていくのが、楽しく思えるコツかも。。。なんて
なんだか、ゲームの攻略法みたい


私、個人的には伸びるためには、以下の要素が必要かなぁとは思っています。
① 参加するときは毎回白紙の気持ちで
② 地道な反復練習も退屈に思わない
③ 「出来ない」 と自分で制限をかけない


①はとてもシンプルなこと。学ぶためには心をオープンにしておかないと吸収できません。「この前習ったわ」 とか、「同じこと何回も聞いたわ」 とか思わずに素直な姿勢でいることが、更なる発展につながると思います。
②も単純なこと。 土台なしに家は建たない。建てたとしてもとても不安定ですよね どんな分野であれ、土台がしっかりしていなければ。 逆にいえば、土台さえしっかりしていれば、何とでもなる
③ これはまさにマインドコントロールと一緒です。 「私には無理」 と決めつけることは、自分の可能性を抑えつけていると思います。 「まずは挑戦してみる」 ことで、新たな発見につながるかも


なんてことを思いながらの、 汗だくな水曜日の朝でした(^∇^)ノ


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック