踊ろうベリーダンス!! bellydance@滋賀と京都伏見
はじめまして! 滋賀と京都伏見でベリーダンス講師をしています。 ベリーダンスの話や大好きな旅行の話など、ゆるゆると綴っていきたいと思います。
大みそか
お正月二日目、いかがお過ごしですか
新年早々、滋賀はとても雪のようですね
この前も書きましたが、一般的にタイは年中暑い国です。タイ北部にあるここチェンマイは日本と同じく四季があるのですが、それでも厳冬というと最低気温10度ほどのことを指し、滋賀の寒さとは比べ物にならないですね。
こちらの人は雪を見ることがないので、雪にとても憧れを持っているようで、「日本は今、雪なの」 というと、必ず 「wonderful」 と返ってきます


大みそかは、チェンマイ近郊の Nam Tok Mae Sa(メーサー滝)に行きました。
チェンマイからバイクで40分ほど

途中で警察の検問があり、運転免許証のチェックをしていました
hubbyはわりとタイ人に間違われてタイ語で話しかけられます。ラムプーンでもタイ人観光客に道を聞かれたそうで、すっかり現地に馴染んでいます(笑)。
検問と言えば、去年も検問に引っかかりました。通行者全員というよりは、無差別に選んでいる模様。

メーサー滝に行くまでの道中にはOrchid Nursery(蘭園)やshooting、バギー、snake farmやmonkey farm、strawberry farmなど、観光客相手の施設が建ち並びます。私たちは蘭園に立ち寄りました。予想以上に小規模で、15分程度で一周見て回れました。
ちなみにタイといえば蘭のイメージがありますが、国花ではないそうです。
P1030407.jpg
園というより、小さな温室栽培している農家みたいな規模です


メーサー滝は、現地の人にも人気らしく、大勢のタイ人も来ていました。
みんなお弁当やゴザ持参。滝は10個あって、一番上の滝までは1500メートル先。
どんどん渓谷深くを登っていくのでやや息切れしましたが、久しぶりのいい運動でした
結構急流で、幅も狭く、大きな岩がたくさんあるので、泳ぐことはできませんが、ちょこっと足を漬ける程度は出来ます。
P1030402.jpg
水は冷たく長時間は無理でした


さて、帰り道、ちょっとしたハプニングが
なんと、バイクがパンクした
途中でなんかタイヤがおかしくなったかなぁ と思った数分後、転倒。
幸い、後ろから車は来てなかったし、倒れる直前で何かを感じたのか、うまい具合にバイクから飛び降りたので、軽い打撲で済みました

問題は、どうやって修理するか、あるいは街まで戻るか・・・
まずはバイクレンタル屋のおじさまに電話してみるものの、おじさまは英語が出来ない
hubbyが知ってる限りのタイ語をつないで、何とかパンクは伝わった様子。
その後、すぐ傍にあったソムタム屋のおばさま (この方も英語は出来ません・・・) が助け舟を出してくれ、おじさまと何やら会話をし、私たちに何かを言っています。どうやらここで待ってなさい、とのことらしい。
すると、お店の営業中にも関わらず近くの修理屋さんを呼びに行ってくれ、駆けつけた修理屋のおにいさんがタイヤ交換をしてくれ、無事チェンマイまで戻ってこれたのでした

レンタル屋のおじさまもソムタム屋のおばさまも修理屋のおにいさんもみんな英語が出来ないのに、そしてこっちはタイ語が話せないのにとても親切に助けてくれて、本当にありがたかったです


to be continued...


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック