踊ろうベリーダンス!! bellydance@滋賀 (と京都)
はじめまして!  ベリーダンスの話や大好きな旅行の話など、ゆるゆると綴っていきたいと思います。
踊りに尊敬の念と謙虚さを
2月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
3月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
4月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
春のWSは≪こちらをクリック≫
ショー案内は≪こちらをクリック≫
ベリーダンス新規開講クラスは≪こちらをクリック≫


ハフラも終わって新しい年になって、新しくベリーダンスを始める方やクラス変更をした生徒さんなど、クラスメンバーも去年とはまた違ってのスタートから1か月が経ちました。皆さんのそのチャレンジングな精神と好奇心旺盛な気持ちを忘れずにベリーダンスを続けてくれるといいなぁと常々思っています。
人は誰しも弱いもの。
最初の心意気はとても純粋なのに、年月が経つにつれ努力を怠ったり、出来ないことへの言い訳が増えたりすぐにあきらめたり、アドバイスを受け入れなくなったり。。(自戒を込めております)

私はダンサーであり指導者なので、当たり前に聞こえるかもしれませんが、『美しく輝いてほしい』、『出来るようになってほしい』、『何かプラスになるといいな』 と願いながらダンサーとしてアドバイスし、指導者として発言しています。
なので、生徒さんはピュアな気持ちで受け取ってくれるといいな。
最初は出来なくて当たり前。
好奇心の赴くまま素直に受け取ってトライしてみるか、それともトライせずに諦めるか、、
何年経っても同じことをずっと注意されていても、『あぁ、そうだった💦』 と思えるか、『毎回同じことばっかり言って』 と受け取るかでは、随分な差だと私は思います。
自分がどうありたいのか、何を目指しているのか。
その目標を失わずにいたら、自ずとやるべきことは見えてくるのではないでしょうか。

なにより、『踊りに尊敬の念と謙虚さを』
この言葉は私の師匠が常々仰っていたことですが、ベリーダンスは紀元前から脈々と受け継がれている文化でありアートなのです。
日本人だって外国人に日本の文化をリスペクトしてほしいと思うのと同じ。
アラブ人だって彼らの文化をリスペクトしてほしいと思っている。
ですから、ベリーダンスを踊るとき 『彼らの文化や音楽に敬意を持って私たちは接するべき』 だと私も思います。
そして、単に振付の順番だけをなぞるのではなくその考えを生徒たちに伝えること、がベリーダンスを教えることだと思っています。


とは言っても、新しいことに直面したら動揺することのほうが多いですよね(*’U`*)
特に最近初心者さんからよく質問受けるのが、
『振付がなかなか覚えられない』
『手と足の位置が良くわからない』
わかります
だって私もそうだったから:)

これについては、このブログのコラム『踊れるようになるには』 で基本的なことを解説しているので、迷える子羊さんたちは参考にしてみてくださいね🐏
理論がわかったらあとは練習あるのみ
なんでも、練習しないと身にはつきませんよ
反復練習が身体に染み込んでいく鍵となりますので、毎日5分でもいいので練習してみてくださいね💪


さて、なかなか進んでおりませんがいくつか断捨離中です
そのうちひっそりアルバム(PC版でどの写真でもクリックした右上欄から入れます)にアップしておきます💦💦


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック