踊ろうベリーダンス!! bellydance@滋賀 (と京都)
はじめまして!  ベリーダンスの話や大好きな旅行の話など、ゆるゆると綴っていきたいと思います。
リズムについて②
7月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
8月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
9月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
10月のレッスン日は≪こちらをクリック≫
ベリーダンス新規開講クラスは≪こちらをクリック≫
スクールフリマは≪こちらをクリック≫


リズムについて、気がつけば1か月以上も空いてしまいました💦
前回のは リズムについて① をクリックください。

前回は拍子を紹介しました。
紹介した2つ以外にも重要な4拍子は他にもありますが、それはみなさん各自でお勉強しましょう。
潜在能力を引きあげるには、まず能動的に
これ、必須ww

今日は拍子を紹介したいと思います。
2拍子の種類は4拍子よりも多いです。
まず代表は
『マルフーフ』 と 『アユーブ』
中級さん、『もちろん知ってる!』 よね
初級さん、『あぁ~、聞いたことある』 よね
入門さん、『へぇ~、そうなんだ』 で大丈夫です

マルフーフは、D- -T/- -T-
アユーブは、 D- -T/D- T-
ほぼ一緒やん
見た目は確かに:)
ちょっとの違いはまたもや『Dの数』 ですね。
でもこのちょっと違うゆえに踊り方もちょっと違ってきます
その辺は文字だけでは説明しにくいのでここでは割愛しますので、気になる人は質問してね

基本、2拍子は 『移動』 に使います。 (基本なので、『絶対』 ではありません)
また、アユーブは
オリエンタル曲
それ以外 (例えばZarとか)
とでは全く踊り方が異なります。

更に言えば、同一のオリエンタル曲の中でも、
エントランス部分とフィナーレ部分に出てくる時
曲半ばのフォークロア的部分で出てくる時
とでは、これまた全く違う踊り方になります。
あぁ、複雑、、、
ですよね(笑)
私もまだまだ勉強中です

最初はとにかく『リズムをキャッチする耳』 が持てるようになる』 といいですね。
以前から繰り返し書いているように、踊るときはメロディー優先が多いですが、リズムが切り替わるところでほぼほぼ踊り方も変化します(なぜなら変わるように振付家は作っているから)
しかも、リズムの切り替え場所には必ずキューが入っています。
その切り替え場所がわかると、振付も覚えやすくなりますよ

ポップス曲の場合はずっと同じリズムが続く場合が多いので、普通の邦楽洋楽のように、
前奏 歌一番 サビ
間奏 歌二番 サビ
間奏 サビ
のようなとらえ方をすると、ただ単に最初から最後まで振付丸暗記💦💦 するよりもずっと楽になると思います🎤



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック